月別アーカイブ: 2014年1月

PS4のオンライン配信ソフト一覧その2(2014年3月以降発売予定分)




ドラクエ10&FF14をプレイ可能なPC(49,980円)の詳細・購入はこちら

PS4のオンライン配信ソフト一覧その2(2014年3月以降発売予定分)
PS4(プレステ4)は、ローンチ(同時発売)ソフトも、
パッケージ版・オンライン配信版ともに比較的充実してます。

オンライン配信版は、本体とネット環境があれば、
お店に行かなくても、ソフトが購入できます。

PS4本体の詳細・購入はこちら→PlayStation 4 ジェット・ブラック

オンライン配信版のローンチタイトル一覧はこちら

パッケージ版のローンチタイトル一覧はこちら

現状の最上位ゲーム機のため、メーカーの開発費が高くなり、
タイトル数が少なかったり、発売が遅れる心配もありますが、
2/2現在、パッケージ版で約11、ダウンロード版で約24の
ローンチタイトル(同時販売ソフト)が用意されています。

2014年内にパッケージ版8本・ダウンロード版7本以上追加発売予定です。

マルチプラットフォーム版(PS3やPC用にも発売されているタイトル)
もありますが、PS4向けに最適化されているので、
そちらも美しい映像と快適な操作感で楽しめます。
※PCで楽しみたい方は、安くて高性能なBTOがおすすめです。

PS4のオンライン配信ソフト一覧(2014年3月以降発売予定分)

アクション
METAL GEAR SOLID V: GROUND ZEROES(2014年3月20日)

ダイイングライト

ウォッチドッグス

Hohokum(2014年発売予定)
リリィ・ベルガモ(2014年発売予定)
サイコブレイク
METAL GEAR SOLID Ⅴ THE PHANTOM PAIN
Outlast

RPG
NAtURAL DOCtRINE(2014年3月19日)

信長の野望 Online ~天下夢幻の章~(2014年3月19日)

deep down

ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア(2014年4月発売予定)
ワンダーフリック(2014年発売予定)

アドベンチャー
inFAMOUS Second Son(海外仕様版)

Oddworld: New ’n’ Tasty

スポーツ・レース
DRIVECLUB

ザ・クルー

シミュレーション
Octodad: Dadliest Catch

その他
The Witness(海外仕様版)

JOYSOUND DIVE 2(仮)
ファントムブレイカー: バトルグラウンド オーバードライブ
Secret Ponchos

オンライン配信版(ダウンロード版)はPS4の本体とネット環境があれば、
いつでもどこでも最新のソフトが楽しめるので大変便利です。

リンク先だとカード払いはもちろん、代引きやコンビニ払いにも対応。
さらに、対応しているカード会社のサイトで分割払いやリボ払いに変更できるので、
お金が貯まるのを待つことなく、プレステ4の色々なソフトが楽しめます。

ドラクエ10&FF14をプレイ可能なPC(49,980円)の詳細・購入はこちら


※2014年1月17日現在の情報です。
※掲載内容に注意していますが、リンク先で再度ご確認ください。

PS4のSHARE(シェア)ボタンでプレイ動画の録画&配信ができる!




GMOとくとくBB WiMAX2+が月額2,590円(税抜)~!

PS4のSHARE(シェア)ボタンでプレイ動画の録画&配信ができる!
PS4(プレステ4)では、本体に同梱されているコントローラー、
デュアルショック4の左上にあるSHARE(シェア)ボタンを押すだけで、
プレイ動画やスクリーンショットの録画や配信ができます。
スクリーンショット…画面の静止画(ゲームクリアの記念などに最適)

PS4本体の詳細・購入はこちら

PS4の録画機能の仕組み
PS4のSHARE機能に対応したソフトを、初期設定(録画する)でプレイしているとき、
バックグラウンドで、VCE(ビデオコーデックエンジン)が働いており、
CPUやGPUに負荷を掛けずに、プレイ動画の録画や映像の圧縮ができます。

SHEREボタンを押してから、最新の15分間の映像が録画されているので、
必要な部分(保存開始地点と終了地点)を選ぶことで15分以下に編集したり、
15分ごとに保存作業を行うことで、RTA(リアルタイムアタック)など
長時間のプレイを記録することもできます。
RTA…クリアまでに実際にかかった時間や、ゲーム内時間を競うこと

PS4の動画配信の仕組み
SHEAR機能で録画した映像を、Facebookなどの対応するサービスに
アップロード(配信)できます。

PS4は通常のアップロードの他に、ブロードキャスト(生放送)もできます。
こちらは、UStreamまたはtwitchのアカウントが必要になりますが、
PS4のみで配信できるので、高価な機材が不要で、
メーカー公認なので、著作権上の問題もクリアしています。

ブロードキャストではUStreamまたはtwitchのアカウントが必要ですが、
Facebookのアカウントはおそらく不要です。
通信速度はある程度必要なので、ネットが遅い方はOCN光がおすすめです。
OCN光 公式(NTTコミュニケーションズ)

PS4のブロードキャストは視聴者もゲーム展開に参加できる
Live From PlayStationで視聴者としても動画配信が楽しめます。
見て楽しむことはもちろん、視聴中のゲーム画面に対して、
PS4からコメントすることで、回復アイテムをプレゼントしたり、
トラップ(罠)を仕掛けるなど、ゲーム展開にアクションが起こせます。

また、視聴者が配信中の対応ソフトを所有していれば、
配信者とのセッションプレイも楽しめます。

さらに、メーカー側で配信可能な範囲を設定しているので、
購入予定のゲームが、過度のネタバレで楽しめなくなる心配も少ないです。

PS4のSHEAR機能を活用することで、
全国のプレイヤーとリアルタイムのコミュニケーションが楽しめます。

PS4本体の詳細・購入はこちら

PS4のSHEAR機能対応ソフトの例
龍が如く 維新!新価格版 PS4版

コーエーテクモ the Best 信長の野望・創造 PS4版

真・三國無双7 with 猛将伝 PS4版

カード払いはもちろん、代引きやコンビニ払いにも対応。
さらに、対応しているカード会社のサイトで分割払いやリボ払いに変更できるので、
お金が貯まるのを待つことなく、プレステ4の色々なソフトが楽しめます。

GMOとくとくBB WiMAX2+が月額2,590円(税抜)~!


※2014年1月16日現在の情報です。(2017年9月14日一部修正)
※掲載内容に注意していますが、リンク先で再度ご確認ください。

PS4(プレステ4)の設置や初期設定について




ドラクエ10&FF14をプレイ可能なPC(49,980円)の詳細・購入はこちら

PS4(プレステ4)の設置や初期設定について
PS4の購入を考えているものの、一人で設置できるか
不安な方もいらっしゃるのではないでしょうか?

PS4は、テレビゲームで遊んだことがある方なら、
誰でも説明書を見なくても直感的に設置できます。

それでも不安な方のために、設置手順をまとめました。

PS4(プレステ4)の設置手順
①電源ケーブルを本体とコンセントに接続
②HDMIケーブルを本体とテレビに接続
③USBケーブルを本体とコントローラーに接続
④カメラ付きモデルの場合、本体のAUX端子に接続
⑤本体の電源を入れる(前面のボタンをタッチ)→完了
※電源端子・HDMI端子・AUX端子は本体の背面に、
 USB端子は本体の前面にあります。(横置きの場合)

PS4(プレステ4)の初期設定手順
①設置(上記)を完了させ、電源を入れる
②言語を選ぶ(例:日本語)
③インターネットの接続方法を選び、パスワードを入力
(Wi-Fi=無線LAN/有線LAN/ネット環境なし)
④カメラをお持ちの場合、画面の指示に従い設定
⑤タイムゾーンを選択(例:UTC+09:00 東京)
⑥日付と時刻の設定(2/22現在、変更不要でした)
⑦使用許諾契約を確認(使用するには同意する必要があります。)
→完了(PS4の世界をお楽しみください。)

PS4本体の詳細・購入はこちら→PlayStation 4 ジェット・ブラック

カード払いはもちろん、代引きやコンビニ払いにも対応。
さらに、対応しているカード会社のサイトで分割払いやリボ払いに変更できるので、
お金が貯まるのを待つことなく、プレステ4の色々なソフトが楽しめます。

ドラクエ10&FF14をプレイ可能なPC(49,980円)の詳細・購入はこちら


※2014年1月15日現在の情報です。
※掲載内容に注意していますが、リンク先で再度ご確認ください。

PS4のPSNアカウントの設定方法




ドラクエ10&FF14をプレイ可能なPC(49,980円)の詳細・購入はこちら

PS4のPSNアカウントの設定について

PS4(プレステ4)の設置や初期設定についてはこちら

PS4(プレステ4)では、PS3やPSVita・PSPで利用している、
PSN(プレイステーション・ネットワーク)アカウントを、
PS4に関連づけることができます。

PSNアカウント(無料)と月500円のPlayStation Plusに加入すると、
ソフトを購入しなくても、様々なコンテンツが無料で楽しめます。

PSNアカウントをまだお持ちでない方も、
PS4から簡単に作ることができます。

PS4のPSNアカウントの設定方法
PS4の初期設定を完了させる
②ホーム画面(電源投入直後の画面)で上ボタン(↑)を押す。
③右から2番目の「設定」を選択
③「PSN」→「PSNにサインイン」を選択
④ユーザー作成画面が出るので、ログインまたは新規作成する
⑤プロフィールとプライバシーを追加設定する
名前=ローマ字を(公開する/公開しない)
アクティビティ=ビデオ視聴履歴・トロフィーなどを(公開する/公開しない)
Facebookアカウントと(関連づける/関連づけない)
⑦いつも使うPS4(1台のみ)に(設定する/設定しない)
→PSNの特典を利用できるようにするための設定です。
→完了(PSNの特典をPS4で利用できるようになります)

※設置・初期設定直後に、PSNアカウントの登録を行うと、
③と④の間で、システムソフトウェアの更新画面が出てきます。

ネットワーク設定が完了していると、自動的にダウンロードされているので、
「今すぐアップデートする」→「次へ」→「アップデート」を選択。
アップデート完了後、自動的に再起動され、④の画面に戻ります。

PS4本体の詳細・購入はこちら→PlayStation 4 ジェット・ブラック

カード払いはもちろん、代引きやコンビニ払いにも対応。
さらに、対応しているカード会社のサイトで分割払いやリボ払いに変更できるので、
お金が貯まるのを待つことなく、プレステ4の色々なソフトが楽しめます。

ドラクエ10&FF14をプレイ可能なPC(49,980円)の詳細・購入はこちら


※2014年1月14日現在の情報です。
※掲載内容に注意していますが、リンク先で再度ご確認ください。

PS4(プレステ4)の電気代(消費電力)について




GMOとくとくBB WiMAX2+が月額2,590円(税抜)~!

PS4(プレステ4)の電気代(消費電力)について
PS4(プレステ4)の電気代はPS3よりも安いです。

PS4の定格消費電力は252W、最大消費電力は250Wなので、
PS3(初期型)の消費電力380Wより約35%も省エネで、
PS3の薄型(2009年以降に発売)と同じくらいです。

PS4の電気代について、一般的な電化製品の1時間あたりの電気代は
最大消費電力の6割程度ですが、PS4には多くの省エネ機能が
搭載されているので、それより少ないと考えられます。

例えば、セカンダリプロセッサ(サブのCPU)を搭載し、
スタンバイ状態でダウンロードを継続できるので、
同じ稼働時間でもさらに少ない消費電力を実現できます。

PS4の電気代は1時間あたり約3.3円
250W=0.25KhW(最大消費電力)×0.6×22円(電気代)=3.3円

テレビの消費電力(約100W)を加えても、1時間約5.5円なので、
毎日4時間プレイしても、1ヶ月660円で最高級のゲーム体験が楽しめます。

さらに、PlayStation Plus(月500円)に加入すると、
ソフトを購入しなくても色々なコンテンツが楽しめます。

ゲーム以外にも、動画や音楽のサービスも充実しており、
PS4限定配信タイトルも用意されているので、
映画や音楽・アニメ好きの方にもおすすめです。

PS4本体の詳細・購入はこちら

3.3円はあくまでも目安(利用状況や電気契約により異なる為)ですが、
ワットチェッカーを使うと正確な消費電力を計測できます。

ワットチェッカーの詳細・購入はこちら

カード払いはもちろん、代引きやコンビニ払いにも対応。
さらに、対応しているカード会社のサイトで分割払いやリボ払いに変更できるので、
お金が貯まるのを待つことなく、プレステ4の色々なソフトが楽しめます。

GMOとくとくBB WiMAX2+が月額2,590円(税抜)~!


※2014年1月5日現在の情報です。(2017年9月14日一部修正)
※掲載内容に注意していますが、リンク先で再度ご確認ください。