PS4(プレステ4)の電気代(消費電力)について




GMOとくとくBB WiMAX2+が月額2,590円(税抜)~!

PS4(プレステ4)の電気代(消費電力)について
PS4(プレステ4)の電気代はPS3よりも安いです。

PS4の定格消費電力は252W、最大消費電力は250Wなので、
PS3(初期型)の消費電力380Wより約35%も省エネで、
PS3の薄型(2009年以降に発売)と同じくらいです。

PS4の電気代について、一般的な電化製品の1時間あたりの電気代は
最大消費電力の6割程度ですが、PS4には多くの省エネ機能が
搭載されているので、それより少ないと考えられます。

例えば、セカンダリプロセッサ(サブのCPU)を搭載し、
スタンバイ状態でダウンロードを継続できるので、
同じ稼働時間でもさらに少ない消費電力を実現できます。

PS4の電気代は1時間あたり約3.3円
250W=0.25KhW(最大消費電力)×0.6×22円(電気代)=3.3円

テレビの消費電力(約100W)を加えても、1時間約5.5円なので、
毎日4時間プレイしても、1ヶ月660円で最高級のゲーム体験が楽しめます。

さらに、PlayStation Plus(月500円)に加入すると、
ソフトを購入しなくても色々なコンテンツが楽しめます。

ゲーム以外にも、動画や音楽のサービスも充実しており、
PS4限定配信タイトルも用意されているので、
映画や音楽・アニメ好きの方にもおすすめです。

PS4本体の詳細・購入はこちら

3.3円はあくまでも目安(利用状況や電気契約により異なる為)ですが、
ワットチェッカーを使うと正確な消費電力を計測できます。

ワットチェッカーの詳細・購入はこちら

カード払いはもちろん、代引きやコンビニ払いにも対応。
さらに、対応しているカード会社のサイトで分割払いやリボ払いに変更できるので、
お金が貯まるのを待つことなく、プレステ4の色々なソフトが楽しめます。

GMOとくとくBB WiMAX2+が月額2,590円(税抜)~!


※2014年1月5日現在の情報です。(2017年9月14日一部修正)
※掲載内容に注意していますが、リンク先で再度ご確認ください。